<< 涼しい山で聞きたいミュージック | main | 魂のこもった歌声 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | - | - |
”悲しい歌詞”を透き通った声でPOPに歌う
評価:
世界の終わり
Lastrum
¥ 1,758
(2010-04-07)

初めて「幻の命」を聞いた時、一気に引き込まれました。
透き通った声にPOPなメロディー。

しかし、バンド名を見ると「世界の終り」、、、。
何かタブーな文字を見てしまった感覚。
更に、じっくり歌詞を聞いると、悲しい歌詞ばかり。

何なんだ!?このバンドは??

ラジオで彼らのインタビューを聞いて、何となく謎が解けました。
ボーカルは、
「両極端の事を共存させるのが好き。」
「このバンドが有名になって、”世界の終り”というワードが一般的になる時、
何か新しい物が生まれる」みたいな事を言ってました。

個人的解釈としては、
「”世界の終り”を意識する事によって、生きる事を知る」という事かなと感じました。

今まで聞いた事のない、悲しいけど美しくて不思議な音楽。


「世界の終り」オフィシャルHP↓
    
  http://sekainoowari.jp/
カテゴリ:- | 00:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 00:48 | - | - | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://musicfright.jugem.jp/trackback/3
トラックバック